NJBナース人材バンク


利用者アンケートで97%満足 年間10万人の利用

看護師の転職、職場にわからないように転職するには

看護師は、体力的・精神的にもとてもハードなお仕事です。医師・患者・患者の家族との接触も大変ですし、特に同僚である看護師同士のストレスは多いのではないでしょうか。

人間の命を預かる職場にいるのですから、環境の悪い職場で働くのは決してよくありません。看護師の転職が多いのは条件的なこともありますが、よい環境で働く大切さを重視しているとも言えます。

在職中の看護師の多くは、なるべく職場にわからないような転職活動をしたいと思っているようです。転職がうまくいけばいいのですが、応募した病院に採用されるとは限りません。

しかし、転職活動は、個人の自由ですので「背信行為」などにはなりません。悪いことをしているわけではありませんので、自分に合った病院をじっくり選択することが大切です。

そこで、職場に知られないようにするにはどうしたらよいのか?ということを2つあげてみましょう。

まず、一つ目としては「人の口に戸は立てられぬ」ということです。今勤務している病院であなたが「転職を考えている」と口にしたとします。

その噂は悪気なく他人の耳に移っていくものと考えた方が間違いはありません。その情報の行き先が管理職の耳に入る可能性もあり、勤続しづらくなることはとても損なです。転職が決定し、上司に伝えられる時期までは公言は差し控えた方がよいでしょう。

二つ目としては、まずはじっくりと自分に合った職場を看護師専門の求人サイト等で検索してみるということが大事です。条件を知らなくては病院の良し悪しがわかりませんので比較することが大事です。

そして何より看護師専門の求人サイトはアドバイザーがいることが多く、病院との間に入ってくれることであなたの希望に沿った日程で採用面接などを行ってくれます。また秘密厳守は勿論のこと、匿名で扱ってくれる場合もありますから、このような看護師専門の求人サイトを上手に利用することをお勧めします。

このページの先頭へ