NJBナース人材バンク


利用者アンケートで97%満足 年間10万人の利用

企業看護師

企業看護師という職業を知っていますか?言葉の通り、一般企業で働く看護師のことです。看護師は病院だけが働く場所ではないのです。一般企業でも看護師の手を必要としているのです。求人の数としては、病院や個人クリニックよりも少ないですが、求人は存在しています。

では、一般企業で働く看護師はどのような仕事をしているのか。一番イメージしやすいのは企業の保健室に勤務し、社員の健康管理をする仕事です。他には、治験をサポートする治験コーディネーターと臨床試験モニターです。もう一つは、製薬会社や医療機器メーカーに勤務して自社のPRや製品説明を行う仕事です。企業看護師は、企業と同じ勤務形態なので週休2日制は確実にとれる保証がありますし、夜勤はなく日勤のみの勤務です。

企業看護師と【看護師】という言葉はついていますが、予想以上にデスクワークが多くなりますし、看護師として勤務するより、自社PRや製品説明をしなければいけなかったり、社員とのコミュニケーションをとらなければいけない…というように、コミュニケーションスキルが必要になる仕事なのです。今、病院でも電子カルテ化が進んでいるので、病棟勤務だったとしてもパソコンは使用する必要が出てきました。しかし、それと比にならないほど健康管理などでデータ管理を任されるのでwordやExcelなどパソコンのスキルが必要になる場合もあります。

医療行為を必要とされる場面は少ないかもしれませんが、看護師として必要とされる職業なのです。ただ、今までの看護師としてのスキルとは全く違うコミュニケーションスキルやパソコンスキル、デスクワークを行う職業だと頭に入れておくことが必要です。

このページの先頭へ