NJBナース人材バンク


利用者アンケートで97%満足 年間10万人の利用

パートで働く看護師

看護師は、一生涯その仕事を続ける人が多いと言われています。特に女性は結婚、出産、子育て、介護でいったん職場を離れますが復帰の際は看護師の仕事に就く人が多いのが現状です。看護の仕事のやりがいを求める事はもちろんのことですが、高収入を得られたり働きやすい条件がそろっているからと言えます。

しかし家庭優先と考えている人やプライベートを重視したいとパートやアルバイト、派遣勤務など非常勤で働くスタイルを選ぶ人もいます。ではパートで働くメリットはどのようなことがあるのでしょうか。まず、大きなメリットとして自分のライフスタイルに合わせて働くことができるという点です。

子育てには時間が取られますし、正職員だとなかなか子供の行事に休みを取れないのが現実です。パート勤務だとその点マイペースに働くことができ家庭と仕事を両立することが出来ます。その他常勤と比較して残業が少ない事、責任あるポジションになることが少ないため、長いブランクがあっても安心して働くことが可能となります。

しかしパートでは、常勤で働いていた給料より下がり賞与も出ないところも多いことは否めません。福利厚生など充実していないため育児・介護休業がなかったり手当がつかないというデメリットもあります。パートでのメリット・デメリットはありますが、無理せず家庭と両立できるスタイルを取ることも大切です

最近では看護師専門の求人サイトが多数あり、パートでもよい条件を探すことが出来ます。自分の希望条件を求人サイトで検索してみるという方法がお勧めです。求人サイトに登録すると詳細にわたってアドバイザーが相談に乗ってくれますので利用するとよいでしょう。

このページの先頭へ