NJBナース人材バンク


利用者アンケートで97%満足 年間10万人の利用

看護師の給料(年収)

看護師の給与は平均して高い傾向にあり、一般企業勤務の女性の平均年収が250万前後であるのに対し看護師は400万円以上と言われています。しかし給与上昇の推移を見てみると看護師は他業種と比較して上がりにくいようです。

給与が上がりにくい理由として、基本給の占める割合が少ないため、残業代・賞与・退職金などの算出に影響していたり、昇級の機会が少ないこと、やはり女性ということで家族手当が付加しない場合が多いことも原因の一つと言えるでしょう。そうは言っても看護師が求められている今、看護師労働に見合った高収入、給与上昇率が高い病院もたくさんあります。

高収入を求めるなら夜勤専従を考えることも選択肢の一つです。夜勤専従は高収入につながりますが、プライベートの時間が少なくなることから若い人は敬遠しがちです。しかし昼間に子供の面倒が見れる場合もあり以外と家庭や育児との両立という面で都合がよい場合もあります。夜勤専従の平均年収は500万~650万と高収入が見込まれます。ただ高収入に飛びついて過酷な勤務形態となってしまうこともあり得ることなので気を付けましょう。

給与が不満で転職する人は、給与が高い分どのようなリスクがあるのか見極めることが重要になります。その条件を知るには看護師専門の求人サイトなどの企業に登録して、検索してみることです。各医療機関の条件を比較することでより希望の職場を見つけることができます。

高収入でなくても保育施設が整っており、無料で託児所を設けている病院もあります。看護師不足ということもあり、求人のサイトは非常に充実しているので利用しない手はありません。最近ではアドバイザーと言われる担当者が相談に乗ってくれますので、是非登録してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ