希望していた託児所のある病院へ転職

【年齢】: 35歳
【転職前_施設種類】: 大学付属病院
【転職後_施設種類】: 民間総合病院



昨年の6月に大学付属病院から民間の総合病院へ転職をしました。転職をした理由は、2歳の子供をあずけることができる託児所がある病院での勤務を希望したからです。

転職するにあたっては、看護師としての仕事と子育てを両立させることが最大の目的でした。また、以前勤めていた大学付属病院では、とても夜勤が多く交代制の勤務も多かったこともあり、家庭や子育てとの両立が難しく不満がありました。

看護学校を卒業後、ずっと同じ大学付属病院で看護師をしていたこともあり、他の病院に転職して看護師としてのスキルアップをしてみたいという願望も少なからずありました。私は過去に転職の経験が無かったので、転職するということが不安でした。ずっと同じ病院で勤務していたこともあり、自分の看護スキルが民間の病院でどれくらい役立てることができるか未知数だったのです。

転職活動を開始するにあたって、看護師専門の転職サイトに登録しました。看護師専門の転職サイトということもあって、看護師の求人が充実しており看護師の転職支援をしている専任スタッフの存在も心強かったです。専任スタッフは、私が希望していることを親身に聞いてくれて適切なアドバイスをしてくれました。

私も正直に自分の希望を伝えて、不安に思っていることも伝えました。大学付属病院でしか勤務経験が無いことを不安に思っていたことを専任スタッフに伝えると、専任スタッフから「職場見学に行きましょう」という誘いをしてもらいました。私は担当してくれていた専任スタッフと一緒に、転職を考えていた民間病院へ職場見学に行きました。

その職場見学では、病院の事務長や看護師長にお話する機会も設けてもらいました。また、職場見学では、病院に併設されている託児所の見学もすることができ、転職をしたいとの思いが固まりました。私は後日に改めて応募書類を作成し、書類選考から面接という流れで見学した病院に応募しました。応募書類の作成の際にも、専任スタッフに書き方などのアドバイスをもらい非常に助かりました。結果として応募した病院に無事採用されました。

面接を受けた時の面接官は、職場見学をした時にお話しすることができた看護師長でした。職場見学したことを覚えていてくれて、面接は終始なごやかに行われました。現在は転職した病院で看護師として充実して働くことができています。

出勤時に託児所に子供をあずけ、安心して看護師の仕事に励むことができています。転職の際に自分の希望を明確にして、妥協することなく転職活動をしたことが功を奏したのだと思います。また、お世話になった転職支援サイトの専任スタッフにも非常に助けてもらいました。今後に転職を考える看護師の方は、是非専任スタッフの力を借りてほしいと思います。

このページの先頭へ