転職は地元に

【年齢】: 24歳
【転職前_施設種類】: 総合病院
【転職後_施設種類】: クリニック



看護師の資格を取得してから総合病院に勤務していました。病床数は200床で、それなりの規模の病院だったと思います。初めは内科勤務、その後外科病棟、最後は小児科でした。

看護師として始めて勤務した場所だったので、右も左も判らない状態でしたが、総合病院なので、色々な病状の患者さんに接する機会がたくさん亜りん、本当に看護師としての様々な経験をさせてもらったと思います。看護師としてのスキルはかなり磨けたのではないかと思います。

先輩看護師にも色々と教えて貰い勉強になりましたが、とにかく激務だったので、お給料はそれなりでしたが、体力的にしんどかったです。特に救急指定だったので、夜勤、準夜勤に救急患者が入ると、とても大変で精神的なプレーッシャーもありました。

そこで、転職を考えました。今度は地元の個人のクリニック転職しました。通勤も便利だし、季節的に忙しい時期もありますが、夜勤がないので精神的にもかなり楽になりました。給料面では少し下がりましたが、なにより心身共に以前よりは楽になったので、気持ちの余裕が出来て、患者さんの接し方も良くなったと思います。

転職サイトも登録しましたが、地元で転職したかったので、ハローワークでも探しました。結果ハローワークで紹介されたクリニックに現在は勤務しています。以前の総合病院は看護師の人数も多かったので、上下関係が激しく人間関係にも気を使っていましたが、現在は人間関係ものんびりしているので、気持ちが楽です。

お給料は下がりましたが、私の場合は転職して良かったと思っています。只、看護師としての仕事を考えたとき、総合病院での経験ははずせないので、機会があるなら総合病院で一度は勤務してみることも必要かなと思います。どこで勤務しても命に関わる仕事には変わりないと思います。

このページの先頭へ